Sniper・Clown*4・Assassin Crossを持っている割に腕が下手くそな人の日記


by komekko7
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

露店のコツ:パート3

前回は「仕入れた品をどこで売ればいいか」についてお話しました。
もしかしたら、あなたは今回のメルマガを読んでいる時点で
既に数百k~数M程度の利益を上げ始めているかもしれませんね。

ただ、ライバルが増えたという言い方もできるんですけどね(苦笑

では、今回は「どれくらいの値段で売ればいいか」について、お話しようと思います

貴方は、商品を色々と品々を仕入れました。
それをどれくらいで売ればいいかなんて聞けば、おそらく大半の人が「高く売るに越したことはない」と答えるのではないでしょうか?

ええ、確かにそれは正解ですけどね。
そんなの1zでも多く儲かるに越したことはありません!

しかし、相手の気持ちになってください。
売る側のあなたが人間であれば、当然ながら買う側のプレイヤーも人間です。
買う側の人が「1zでも安く買いたい」と思っているのは、容易に想像できることでしょう。
自分だって1zでも安く仕入れたいですしね。

要は、「如何にして1zでも高く、なおかつ購買者(他プレイヤー)が購入に踏み切るであろう値段に設定できるか」と言う事が重要だということです。

ここで例題を挙げてみましょう。
例えば、相場がおおよそ1M(これはサーバー、時期によります)のsマフラーを、900kで仕入れたとしましょう。

あなたならこれをいくらで売りますか?

大多数の人が「相場が1Mなんだから1Mで売ればいい」
という意見が出ると思います。

確かに相場相応の値段で売ればいつかは必ず売れることでしょう。
しかし、ここで注意していただきたいのは
「相場が1Mの品を1Mで売ろうとする露店なんていくらでもいる」ということです。

つまり、あなたが1Mでそれを売った場合、それが売れる確率は
1 / 同じ品を1Mで売る露店の数(対抗露店)になるということです。
例えば対抗露店が5件あったとしましょう。
この場合、あなたが露店に出したマフラーが最初に売れる確率は、単純計算で20%です。

もちろん、ずっと露店を放置してればそのうち売れることでしょう。
しかし、ここで少しでも早く売ることによって
「売れなかった際の露店放置時間」を、第二&第三の仕入時間に割り当てることが可能になるのです。
当然その仕入の際に「さっき売れたマフラーの代金」を、仕入資金に使えるようになることは言うまでもありませんよね?

つまり、仕入が終わった後の販売は、少しでも早く処分することが非常に重要であるということです。
こうすることによって、より仕入れがスムーズに進むことはもちろんのこと
予期せぬ相場の下落の影響を受けて泣く心配もありません(笑

どのペットかは忘れてしまいましたが、確かキューペットのセリフにこんなのがありましたね。
「薄利多売は転売(商売だったかも)の基本だ」まさにそういうことなのです。

話を戻しまして、では相場1Mの品をいくらで売るか。
ここまでお話すれば、きっとあなたの中で答えが見えてきたことでしょう。

ただし、1Mの品を999,999zで売るなんてケチくさい売り方はやめてくださいね。
これはケチくさいイメージを与えるだけでなく、
あなたの露店の近くで1Mで売ってるであろう他露店の皆様の反感を買うだけです。
もちろん999,998zでもだめですよ?(苦笑

そのあたりの値段設定はあなたのセンス次第になります。
強いて言わせていただくなら、例えあなたが910kで売ったとしても
仕入れ値が900kである限りは10kの利益が確実に出ることをお忘れなく・・・。


<おまけの話>

転売商人が嫌われる理由の一つとして、「転売商人がいるから物価が上がる」という偏見があります。
これは転売商人もどきの人がヘマするから、このような悪い評判が出てしまうのかと思われます。
(買占めしてバカみたいな値段で売るだけで転売が成り立つ・・・なんて考えている人、たまにいますよね?w)
↑は、はっきり言ってアホだと思っています。個数が限定なら買い占める意味があるでしょうが、限定じゃないものを買い占めても後から後から湧き出るものです。
買占めかな?と思われた時は、少し日を空けて再び出るときに買ったほうが良いです。
直ぐ相場も落ち着きますしね

ここで如何にして相場に影響を及ぼさないような価格付けをするかが
転売商人としての腕が問われる局面のひとつだと私は思います。
相場を崩すことが、他プレイヤーはもちろんのこと、あなた自身にも大きな痛手になることがあるということをお忘れなく。
[PR]
by komekko7 | 2005-07-29 13:35